サタケの本棚(逆から読むと山下智久)

1994年生まれ(諸説あり)。神奈川県川崎市出身。

川崎フロンターレと東急多摩川線と松岡茉優をこよなく愛する25歳。ライバルはSHISHAMO。絶対潰す。

高校一年生の時はチャリ通学。毎朝のように川崎市営バスとデッドヒートを繰り広げる姿が地域住民の間で話題となり、「小杉のチーター」と呼ばれる。

高校二年生の時はバス通学。JR武蔵溝の口駅の改札から南口バス乗り場までの猛ダッシュが地域住民の間で話題となり、「高津の韋駄天」と呼ばれる。

高校三年生の時はセグウェイ通学。川崎市民プラザの辺りでセグウェイを諦めてバスに駆け込む姿が地域住民の間で話題となり、「梶ヶ谷の女豹」と呼ばれる。

高校卒業後は晴れて河合塾に入学。暗黒の期間。彼に当時のことを聞くと不機嫌になるそうです。

その後、首都大学東京(現・東京都立大、略して東大)に入学。ここで転機が。そう、この事をお読みの貴方はもちろんご存知、伝説のバンド「Riot」を結成したのである。ジャンルはヤリチンハートフル・おっぱいバインバイン・テクノブレイクポップス。しかし、音楽性の違いにより炎上解散。あとちゃっかり大学で教員免許を取得する(高校国語科)。

大学卒業後、千葉県の某大企業に就職。週給800万、週に一度の昇進、ライバル企業を物理的に破壊など期待通りの活躍を見せる。しかし、「フランスはアンチフットボールだった」と謎の言葉を残し衝撃の退職。

2019年3月、自主制作アルバム「校舎の迷路」を発売。16曲ぶち込んだ大作だが、CDを購入してくれた人も多分最後まで聴いていない。この年から活動名を「サタケの本棚」にする。

現在は、スーパーで夜な夜なアルバイトをしながら活動を続けている。主にYouTubeで新曲をアップロードしたり、noteでふざけた記事を投稿したり、毎週水曜日更新のラジオ番組「サタケのラジオ」をやっている。

夢は3つ。

①どこでもいいから満員の会場でバックバンド付きのワンマンライブをする。

②オールナイトニッポンのパーソナリティになる。

③スッキリ!に出演して加藤浩次にぶん投げられる、もしくはA-studioに出演して鶴瓶さんに母校へ来てもらう。



嫌いなタイプの人間:すぐに下ネタを言う人